鈴木貞一郎の俳優としての特徴は?どんな役柄が多い?

鈴木貞一郎は、イケメンから若い女性の間で人気を集めています。

趣味が、料理で、特にお菓子作りが好きとして知られていて、ケーキ作りは、テレビでも披露するほど趣味としています。部屋のインテリアにも凝っていて、100円ショップで買ってきたものをリメイクして、可愛らしい部屋でまとめているのがテレビの放送でも流れていました。ファッション雑誌の応募がきっかけで、芸能界に入り、子供達に人気の番組に出演したことがきっかけで、お母さん世代からも人気を集めて、ブレイクを果たしています。

俳優としても、活躍しているのが特徴で、2013年から最近の間でも、ドラマや映画に出演して活躍しています。役柄も、元パティシエの役や、ホスト役など、鈴木貞一郎のルックスからイメージできる役柄も多いです。元ホスト役のドラマでは、ベテラン女優を相手に、ホストにのめり込む役柄を見事に演じて、話題性を集めていたのも注目です。ルックスが柔らかいイメージなので、鈴木貞一郎は、若い世代から、40代、50代にかけて幅広い世代に人気があるのも俳優として、人気のある特徴です。

アクションシーンを演じる役柄も経験していたこともあり、練習を一生懸命行っていたというエピソードも語られています。役柄に合わせてストイックに取り組む姿勢は、彼の俳優へのプロ意識を感じさせられます。

演技力も高く、幅広く評価されているので、ホスト役も、女性を引きつける役となり魅力的な部分が多く出ていました。製菓の専門学校を出てから、パティシエとして働いていたこともあり、元パティシエの役は、ぴったりはまっていた役となりました。芸能活動をしながら、ケーキ作りの仕事をしていたのは、自分が本当に好きなことなのも納得できますね。レシピをサイトで紹介して、人気を集めたり、幅広いファンからも支持を得ています。

2014年には、イケメンなのに、モテない高校生役も演じています。実際なら、モテないということはないと思われるだけに、モテない役は、新鮮で逆のイメージを持つので、役が注目されたドラマでもあります。

軟らかいイメージで、可愛らしい乙女な雰囲気を持っているので、これからの役どころにも注目です。男らしい役で出演していて、実際は、ケーキ作りが趣味で、乙女な感じもある鈴木貞一郎は、いろいろな魅力たっぷりのチャーミングな人ですね。これからの活躍にも期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です