鈴木貞一郎の生い立ちについて

鈴木貞一郎さんと言えば、やっぱりサーフィンをしているイメージが強いですよね。サーファーの大会にも何度も出場され、
特出した成績は残されていませんがアクティブに行動されているもよう。
ブログやSNSからもサーフィンがお好きな様子がひしひしと伝わってきます。さて、そんな鈴木貞一郎さんですが、
はじめからイケメンで何の苦労もなく人気を得て来たと思いきや、意外にも幼少期に苦労をされた経験があるようなんです。

今はプロとして活躍されている鈴木貞一郎さんがサーフィンを始められたのが、三歳のときにご両親と引っ越してこられた湘南の海。
サーファーの聖地として知られている超有名な街ですよね。まだ小さかった鈴木貞一郎さんは、はじめは親にやらされている感覚だったのだそうです。
ご両親もサーファーをされていた方なんだそうですよ。

しかも、ご両親は鈴木貞一郎さんにサーフィンだけをさせたのではありませんでした。他にも勉強や楽器も習わされた経験があったそうなんです…。
まさにスパルタ教育ですよね。
鈴木貞一郎さんは昔は恥ずかしがりやのお子さんだったので、サーフィンをすることにあまり乗り気ではなかったようです。

しかし、彼の考えを変える人物が現れます。サーフィンをしている同世代の男の子との出会いです。
海外でサーフィンをしたときにこの男の子と馬が合ったようで、
鈴木貞一郎さんのサーフィンに対する気持ちが大きく変わることとなります。この男の子もサーフィンの教育を受けていたらしく、
鈴木貞一郎さんと境遇が似ていたということになります。
それは話が合うのも当然かもしれません。

プロになることを考えた鈴木貞一郎さんがサーファーの先輩からよく言われたというのが、サーフィンというのは稼げる仕事ではないということ。
大会で得られる賞金もそれほど高いものではなく、他の仕事をしなくてはならないサーファーも多いようです。
それでも鈴木貞一郎さんは19歳でプロ入りすることを決めました。

サーフィンで稼いでやる、そんな強い心でプロになられたらしいです。とても男らしい方なんですね。

バラエティ番組に出演されていたときは、恋愛がうまくいかなかったり出演者に駄目出しされてしまったりと残念なこともありましたが、
現在はサーフィンやDJとしての活動はもちろんのこと、ファッション誌での活躍も目立ってきているみたいです。
男性からは特にそのワイルドな雰囲気とおしゃれなセンスが好評ですから、今後もファッション面で輝いていく鈴木貞一郎さんを見続けたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です