鈴木貞一郎は元々俳優

これは鈴木貞一郎さんご自身も公の場で言われている事でもありますが、元々最初は俳優などになるつもりは無かったようです。
実はこの事は、彼自身の生い立ちそのものに事情があり、一時期美容師になったという理由もそこにありました。

鈴木さんの実家自体は元々美容院をやっていて、そこの店主が彼のお父さんであり、幼い頃からそうした自分の父親の
方の日常における姿を見てきたような感じでしたので、
そうしたせいもあり、美容師を目指して自分なりになんとなく独り立ちをしていきたいなどといった様子との事でした。

ところが、高校卒業前において、ある転機が訪れて、それが現在の舞台俳優になっていくきっかけになったような感じでした。
元々美容師の正式な資格を取るために、彼はそのための専門学校とかを探したりしていたような感じでもありましたが、
たまたま芸能人を育てたりするための専門学校の資料を見つけたのがきっかけだったようです。

そして、当時の高校の3年時の担任の先生が役者コースなども勧めてくれたような感じで、
それを起点にして、モデルと役者の両方のコースを受講して、卒業時にオーディションを受けたりしたような感じでもありました。
それに見事に合格をして、今までしてきた美容師の見習いの勉強を中断して、現在の俳優業に専念するに至るといったような流れになります。

そしてその時のデビュー作がテレビドラマ番組の作品であり、とても大変だったような感じでもありましたが、
それでも本来から不器用だと自分でも話していたように、彼は進んでそれへの出演参加をして見事に選ばれた役をオンエア直前期までに完遂して、
この点で、翌年の2008年に舞台劇での座長とかを任されたりするような感じとなります。

そうした今までの彼自身のあり方といったようなものも、間違いなく過ごしてきた幼い頃から過ごしてきた大阪市内にある実家である美容院の環境に、
その始まりがあるものと考えられます。
不器用な性格でありつつ、それでも人と接していきたいという思いや、彼なりの本来のあり方などが、間違いなく幼い頃
そこで培われてきたのは間違いがありません。

そうした今までの生い立ちの環境的事情などもあり、役などへのぞんだりしていく際には、その役のキャラクター自身がどんな人物で
どんな行動などを行ったりするのか、
あらゆる場面を想像しながら自分なりに探究をしていきつつ、そのうえで全力で役への投球を行うという感じですので、
そうした点においても、彼自身の真剣なお父さんから言われていた「仕事は自分で選べ。

ただし、全力でやれ」という幼い頃から言い聞かされていた教訓が、ここでも活かされているような感じがします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です